財務諸表で上場企業の比較分析!事例:イオン vs セブン&アイHD

分析

今回は、日経平均採用銘柄である小売セクターのイオンとセブン&アイHDについて、

財務諸表を用いて比較分析します。

この両社については、H30年2月期含め過去3年分の財務データを元に、

日経225小売セクター6社によるポジショニング分析を実施しています。

小売業大手6社の3年間の財務データを元にポジショニング分析!見えてきたものは?

その時の両社のポジショニングマップは次のとおりです。

  

 

このポジショニングマップでは、横軸が収益性、縦軸が効率性を示しています。

イオンは、マップの左側、セブン&アイHDは、マップの右側に、それぞれ位置していますので、相対的に見れば、イオンの収益性が低く、セブン&アイHDの収益性が高いことがわかります。

また、3年間のポジショニングの変化は、両社ともに、少しずつ右方向へと移動しているようですので、収益性は少しずつ高くなってきているように見受けられます。

そして、このポジショニング分析で使用した指標を次に示します。

8267 イオン
年度ROAROE経常利益率総資産回転率自己資本比率売上高成長率CFマージンフリーCF10億円
H27   2.2%  0.05%      2.2%     99.4%     13.9%     15.5%      0.5%-403.5
H28   2.1%    0.1%      2.3%     93.8%     12.9%     0.41%      3.6%27.2
H29   2.3%   2.1%      2.5%     88.8%     12.2%     2.19%      5.5%36.1
3382 セブン&アイHD
年度ROAROE経常利益率総資産回転率自己資本比率売上高成長率CFマージンフリーCF10億円
H27   6.4%    6.9%       5.8%    111.1%     43.6%      0.11%       8.1%153.0
H28   6.6%    4.1%       6.2%    105.9%     42.4%     -3.47%       8.8%140.9
H29   7.1%    7.6%       6.4%    109.9%     44.2%      3.46%       8.3%257.9

今回は、この表に必要指標を加え比較分析を行います。

イオン vs セブン&アイHDの比較分析

総合力分析

ROA比較

ROAは、イオンが2%台に対して、セブン&アイHDが6~7%台と、セブン&アイHDが高くなっています。

ROAを構成する、売上高経常利益率と総資産回転率を見てみると、

売上高経常利益率は、イオンが2%台であるのに対し、セブン&アイHDは、5~6%台と高くなっており、

総資産回転率は、イオンが80~90%台であるのに対し、セブン&アイHDは、100~110%台と高くなっています。

一方、有価証券報告書で直近の売上高を見ると、イオンは8兆3,900億円であるのに対し、セブン&アイHDは、6兆378億円と、イオンの事業規模が大きいことがわかります。

以上のことから、イオンは売上重視、セブン&アイHDは利益重視の経営方針をとっていると言えそうです。

ROE比較

ROEは、イオンが0~2%台、セブン&アイHDが4~7%台と、セブン&アイHDが高くなっています。

ROEを構成する、売上高当期純利益率、総資産回転率、財務レバレッジを見てみると、

売上高当期純利益率は、イオンが0.9~1.1%台、セブン&アイHDが1.6~3.2%台と、セブン&アイHDが高くなっています。

総資産回転率は、ROAのところで算出したとおり、セブン&アイHDが高くなっています。

財務レバレッジは、総資産 ÷ 自己資本で算出されますが、

イオンは、719~819%、セブン&アイHDは、226~235%と、イオンが高くなっています。

このことから、イオンは、借入金をはじめとする負債をテコとして、売上拡大のために活用していると言えそうです。

収益性分析

H30年3月期(百万円)イオンセブン&アイHD(イオンーセブン)
営業収益8,390,0126,037,8152,352,197
営業原価5,356,6833,773,2201,583,463
営業総利益3,033,3292,264,594768,735
販売費及び一般管理費2,823,0561,872,936950,120
営業利益210,273391,657-181,384
営業外収益28,10612,01416,092
営業外費用24,60712,92511,682
経常利益213,772390,746-176,974
特別利益27,18613,34713,839
特別損失72,364127,774-55,410
法人税等75,73579,423-3,688
当期純利益92,336196,896-104,560

(利益率算出)

イオンセブン&アイHD(イオンーセブン)
売上高総利益率36.1%37.5%-1.4%
売上高営業利益率2.50%6.48%-3.98%
売上高経常利益率2.54%6.47%-3.93%
売上高当期純利益率1.10%3.26%-2.16%

売上高総利益率

売上高総利益率は、イオンが1.4%低い値となっています。

これは、原価率が高いことを意味するわけですが、

もし、商品の仕入れコストが両社同一であるという前提にたてば、イオンが薄利多売の考え方を採っているということになりますし、

もし、利幅が同一という前提をとれば、イオンの商品調達力が低いということになるのですが、

ROAの分析における、「イオンは売上重視を方針としている」との仮説が正しいとすれば、

イオンは、薄利多売の考え方を採っている、と言えそうです。

売上高営業利益率

売上高営業利益率は、イオンが3.98%低い値となっています。

これは、イオンの販売費及び一般管理費の割合が高いことを意味するわけですが、

その主な内訳を見てみると、

イオンセブン&アイHD(イオンーセブン)
広告宣伝費184,715136,47348,242
従業員給与及び賞与990,440450,662539,778
法廷福利及び厚生費169,11361,857107,266
地代家賃435,817360,54775,270
小計770,556
販管費計950,120
小計/販管費計

81%

イオンとセブン&アイHDの差分を見てみると、広告宣伝費、人件費関連、地代家賃で、販売費及び一般管理費の81%を占めています。

その中でも、人件費関連の「従業員給与及び賞与」、「法廷福利及び厚生費」が一番大きな金額となっていることから、

イオンの販売費及び一般管理費の数値が大きいのは、人件費関連の費用が大きいことが一番の理由であることがわかります。

そこで、両社の従業員数を調べてみると、

H30年3月期に、イオンは、従業員数148,146人、平均臨時雇用者数262,958人で、合計411,104人、

セブン&アイHDは、従業員数56,606人、平均臨時雇用者数92,808人で、合計149,414人と、

イオンが2.75倍の人材を雇用していることがわかります。

そして、地代家賃、広告宣伝費の大きさも合わせて考えると、イオンの「売上重視」の考え方が背景にあると考えます。

売上を拡大するためには、

店舗を多くする → 地代家賃が増える

店舗を多くすると、

オペレーションのために人材が必要になる → 人件費が増える

より多くのお客様にきていただく必要がある → 宣伝広告費が増える

以上のロジックが、販売費及び一般管理費の増加に影響していると言えると思います。

まとめ

財務諸表を基にした比較分析から、イオンとセブン&アイHDの経営方針の違いが明らかになったと思います。

それは、イオンは「売上重視」、セブン&アイHDは、「利益重視」の考え方が強いということです。

イオンが売上拡大を図るためには、より多くの店舗、より広い店舗が必要で、そのため、地代家賃が増加し、

その店舗をオペレーションするためには、より多くの人材が必要となり、結果として、人件費が増加、

さらに、より多くの商品を買っていただくためには、より多くのお客様に店舗へ来ていただく必要があり、その結果、広告宣伝費が増加する、ということが考えられます。

イオンの最近のTV宣伝などを見ていると、プライベートブランドに力を入れているように見受けられます。

そして、その商品の質の高さを知らしめようとする姿勢が見られます。

プライベートブランドは、一般的に粗利が高いのですが、その質が高いことをアピールし、消費者に認知いただくことで販売量が増加すれば、利益は増加し、利益率は高まります。

イオンとしては、売上重視のスタンスをとりながらも、プライベートブランド強化などの戦略を推進し、利益率向上へと繋げていこうとしている、あるいは、すでに「売上重視」から「利益重視」へと舵取りを変えているのかもしれません。

コメント