ビジネス・フレームワーク

ビジネス・フレームワーク

財務諸表分析で何がわかる?5つの指標分析を通じて明らかになる企業の実態!

財務諸表分析によって得られる5つの指標を使った比較分析で、企業間の経営方針や経営戦略などの違いを明らかにすることができます。今回は、経済産業省のデータを活用して業種別に各指標の比較をするとともに、大手スーパーのイオンとセブン&アイHDの比較分析を行い事例として紹介します。
ビジネス・フレームワーク

人・組織のマネジメントにおいて個人の仕事の役割を決める原則とは?

個人のモチベーションを高め、組織全体のパフォーマンスを最大化するポイントは、「個人の長所を活かし短所をカバーし合う。」ということに尽きます。
ビジネス・フレームワーク

ビジネスを成功に導く組織づくりの3原則とは?

ビジネスを成功に導く組織をつくるためには3つの原則があります。そして「人材に基づいて組織形態を決める」「組織の目標・目的(Mission)を明確にする」「組織構造をフラットにする」それぞれについて解説しています。
ビジネス・フレームワーク

人のマネジメントで大切なのは感情の動物である人の欲求モデルに対する理解です!

マネジャー(管理職)は経理、設計、営業などの職種と同様に一つの職能であり、全く違った能力が要求されます。そして、人はマズロー5段階の欲求を全て持ち合わせており、部下ごとの欲求を理解しモチベーションを高めるようにマネージすることを心がける必要があります。
ビジネス・フレームワーク

最初に知っておきたい!人のマネジメントでもっとも重要な3つのRとは?

人は企業にとって最も重要な経営資源であり、その「人のマネジメント」で最も重要な3つのR(Recruiting、Right Job、Retain Good People)として、人の採用、仕事におけるアウトプットの最大化、将来のキャリア・パス、について解説します。
ビジネス・フレームワーク

価格戦略|商品開発における価格設定の基本的考え方と利益最大化2つのポイント

マーケティング=「売れるしくみ」として考える中、商品開発における価格戦略は非常に重要でビジネスの成功に大きく影響します。今回、この商品開発における価格戦略を取り上げ、価格を決定する際に考えるべき基本事項と事業利益を最大化する2つのポイントについて解説します。
ビジネス・フレームワーク

商品開発の成功法則-その7|人・組織・組織文化はどうあるべきか?

商品開発プロセスが成功となるためには、7つのポイントがあることを紹介しました。 商品開発は顧客へ価値を提供するプロセス!成功法則「7つのポイント」 今回は、その成功法則の最後である7番目のポイント「人・組織・組織文化」はどうあるべきか?...
ビジネス・フレームワーク

商品開発の成功法則-その6|商品の儲けるビジネスプランはどうつくる?

商品開発プロセスが成功となるためには、7つのポイントがあることを紹介しました。今回は、その成功法則の6番目のポイントである「商品の儲けるビジネスプラン」はどのように作るべきか?について、紹介します。
ビジネス・フレームワーク

商品開発の成功法則-その5|売れる・売れないの原因を失敗事例から明らかにする

商品開発プロセスが成功となるためには、7つのポイントがあることを紹介していますが、今回は、その成功法則の5番目のポイントである「売れる商品」「成功する新商品」の定義について、失敗事例を基に明らかにしていきます。
ビジネス・フレームワーク

商品開発の成功法則-その4「ビジネスプロセス」市場導入~マネジメント編

「新商品開発のビジネスプロセス」においては「8つのステージ」がありますが、今回は、7)商品の市場導入、8)商品ライフサイクル・マネージメント、について紹介します。
ビジネス・フレームワーク

商品開発の成功法則-その4「ビジネスプロセス」ビジネスプラン~収益性分析編

経営資源である「人・モノ・金・情報」をマネージし「儲かるしくみ」を創造して経営目標を達成するために大切なのは事前に「事業計画」を作ることです。また、商品を開発するか、開発を進めるか、市場へ投入するか、に対してGO/NO-GOを判断するために、収益性を検討しなければなりません。
ビジネス・フレームワーク

経営戦略の立案を成功させる4つのプロセスとは?投資対効果を前提に考える

企業の事業全体を考える戦略=経営戦略立案には事業計画が必要ですが、この戦略立案を成功させる4つのプロセス(事業ビジョン、事業の目的・事業分野・ 事業目標、事業成長戦略、事業ポートフォリオ戦略)について解説します。
ビジネス・フレームワーク

マネジメント能力を向上させるビジネスに必要な知識レベルとは?

ビジネスパーソンに論理的思考能力が求められる傾向が強くなっているように思います。このことを否定しませんが、まず、現場での実戦経験があるべきで、それと共に、論理的思考能力が備わっていることが、本来ビジネスパーソンに求められるべきであると考えます。
ビジネス・フレームワーク

マネジャー必見!マーケティング戦略プロセスを成功に導く10のステップを徹底解説!!

マネジャーとして必要なマーケティングの基礎知識をしっかりと押さえながら、 経営目標を達成するために重要なマーケティング戦略プロセスを成功に導く10の重要ステップについて、 MBAメソッドを習得し、企画・マーケティング担当として、実績を上げてきた執行責任者が徹底解説します。
ビジネス・フレームワーク

商品開発の成功法則-その4「ビジネスプロセス」商品アイデア~コンセプト編

新商品開発プロセスでは8つのポイントがあり、前回は、1)市場機会分析、2)市場の細分化(セグメンテーション)とターゲット市場の選定、について紹介。今回は、3)商品アイデア創出とスクリーニング、4)商品コンセプト・デザインについて紹介します。
ビジネス・フレームワーク

商品開発の成功法則-その4「ビジネスプロセス」市場機会分析~セグメンテーション編

商品開発の成功法則としては7つのポイントがあり、その4「ビジネスプロセスの8項目」の中から、今回は、市場機会分析、市場の細分化(セグメンテーション)とターゲット市場の選定、について紹介します。
ビジネス・フレームワーク

商品開発プロセスの成功法則「7つのポイント」!その3:ビジネスプロセス編

この新商品開発のプロセスは、商品やサービス単体の開発ではなく、ビジネスプロセスとして、より広い視野で市場調査から商品企画、商品の市場導入、商品ライフサイクル・マネージメントというビジネス全体のプロセスが対象で、その「8つのステージ」について紹介しています。
ビジネス・フレームワーク

商品開発プロセスの成功法則「7つのポイント」!その2:ビジネス戦略編

商品戦略はこれを単独で考えるものではなく、事業全体の経営戦略から個々の商品戦略(商品のビジネス戦略)が決まってくるものです。ここでは、経営戦略のフレームワークとして重要な項目、そして、新商品のビジネス目標として捉えるべき項目について解説します。
ビジネス・フレームワーク

商品開発は顧客へ価値を提供するプロセス!成功法則「7つのポイント」

新商品開発のマネージメントとは、企業として組織として、いかに「売れる商品を創るしくみ」をつくるかということであり、新商品(新製品・サービス)の開発、および新規ビジネスの創造を成功に導くため、何が重要な鍵(Key Success Factor)となるのかを紹介していきます。
ビジネス・フレームワーク

マーケティング戦略プロセス【解説】STEP9~10「ソリューション~時間」

マーケティング戦略プロセスを完遂させるためには、10の重要なアプローチがありますが、今回は最終回。ステップ9の「ホールプロダクトとソリューション」、ステップ10の「時間は差別化の武器」、以上について解説します。
ビジネス・フレームワーク

マーケティング戦略プロセス【解説】STEP7~8「競合差別化~4P」

マーケティング戦略プロセスを完遂させるためには、10の重要なアプローチがありますが、今回は、7番目のプロダクトのポジショニングと競合の差別化、と、8番目のマーケティング目標の設定とマーケティング戦略4P(マーケティングミックス)について説明します。
ビジネス・フレームワーク

マーケティング戦略プロセス【解説】STEP3~6「重要課題検討~市場細分化」

マーケティング戦略プロセスを完遂させるためには、10の重要なステップがありますが、今回は、経営・マーケティングの重要課題の検討から、ビジネスの主要な成功ファクターを見出す市場のセグメンテーションとターゲット・セグメントの選定、そして、どのような特性で市場細分化するか、を説明します。
ビジネス・フレームワーク

マーケティング戦略プロセスを構成する10の重要ステップ

マーケティング戦略プロセスを完遂させるためには、10の重要なステップがあります。ここでは、経営戦略・経営目標とビジネス環境分析(3C分析)についてMBAメソッドをベースに説明します。
ビジネス・フレームワーク

マーケティングのフレームワーク入門!最初に押さえておきたい基礎知識

ここでの「マーケティング」は、”市場調査”や”販売促進”という狭義のものではなくもっと広い意味で捉え、「マーケティング」=「売れるしくみづくり」と定義します。そのマーケティングの役割、そして、マーケティングの特質と留意点について紹介します。
ビジネス・フレームワーク

『ビジネス・フレームワーク』をスタートさせる目的は?

「経営戦略」「マーケティング」「アカウンティング」「ファイナンス」「ヒューマンリソースマネジメント」「論理的思考」など、わたしがビジネススクールで学んだMBAメソッドを、実務経験も踏まえながら『ビジネス・フレームワーク』としてシリーズで紹介していきます。
ビジネス・フレームワーク

財務諸表で上場企業の比較分析!事例:イオン vs セブン&アイHD

今回は、日経平均採用銘柄である小売セクターのイオンとセブン&アイHDについて、財務諸表を用いて比較分析します。その結果、総合力や収益性であきらかな違いが見られ、両社の経営方針・経営戦略の違いが浮き彫りになりました。