『ビジネス・フレームワーク』をスタートさせる目的は?

ビジネス・フレームワーク

長年会社の第一線(現場)で仕事をしていると、つい目先の仕事に追われてしまい、もう少し広い視野と高い見識を持って物事を見ることができるように、「マネジメントを体系的に学びたい!」という欲求がふつふつを湧き上がってくることがあります。

わたしの場合もそうでした。

そして、わたしがとった行動は、会社勤めをしながらビジネススクールに入学し、MBAメソッドを習得することでした。

 

入学した具体的な目的は、

  1. 自分が某エレクトロニクス関連企業で取り組んできた、「企画(経営戦略)」や「マーケティング」に関する知識・スキルのレベルを確認しながら、さらに強化したい。
  2. 少し弱いと思っていた「アカウンティング」や「ファイナンス」など、お金系の知識・スキルの底上げを図りたい。
  3. マネージャー」として、部下の指導・育成や、他部門との調整など、「」や「コミュニケーション」に関する知識・スキルを習得したい。
  4. なによりも、「ビジネスリーダー」として必要な「論理的な思考能力」を強化すると共に、「課題形成・解決能力」を身に付けたい。
  5. 最終的には、更なる「キャリアアップ」を図りたい。

というものです。

 

そして、ビジネススクール修了後は、某ITサービス企業のIPO準備と上場後の内部統制・新事業開拓を主導し、インドの某IT企業との事業提携を成功させることができました。

 

今回、そのビジネススクールで学んだことを、実務経験も踏まえながら『ビジネス・フレームワーク』として、シリーズで紹介していきます。

AACSB認証 マサチューセッツ大学MBA

 

コメント