小中高生の子供に合った家庭教師を見つけるおすすめの方法とは?

コト

今や小中高生の学力向上や受験対策として、学習塾に通うことが一般的になってきていますが、塾の行き帰りの安全確保に対する不安や心配、不登校の児童や生徒への対応などを考えた場合、家庭教師の利用が一つの選択肢としてあり得ます。

家庭教師は、講師が自宅に来て1対1で指導するスタイルですので、学習塾に比べて、より個々の事情に適した指導を受けることが可能になります。

もし、家庭教師との相性が心配な場合は、講師を代えてもらうことこともできますが、ネットで個別指導を受けることができる「オンライン家庭教師」のサービスを選択することもできます。

しかし、家庭教師センターは数多くあり、いったいどのセンターを選べばよいのか迷ったり悩んだりしてしまうというのが実情ではないでしょうか?

そんな迷いや悩みを解決する方法として、最近では、数ある家庭教師センターの中から子供の状況に合ったところを幾つか提案してくれるサイトがあります。



このサイト上で、出てくる質問に対して、該当する項目を選んでいくだけで、簡単に子供の状況に合った家庭教師センターを幾つか提案してくれますので便利です。

学習塾ではなく家庭教師が良い理由とは?

子供の塾の行き帰りの安全確保に対する不安や心配というのは、どの親でも思っていることではないでしょうか?

最近の学習塾では、子供が塾に到着した時や帰る時に、メールでその情報を親に伝えるサービスを実施するなどの対策を講ずるところが増えてきていますが、それでも、自宅と塾の間の行き帰りについて不安や心配が払しょくされることはありません。

また、不登校の子供がいて、なんとか学力不足を補いたいと思ったとしても、学習塾の利用は大勢の子供と時間や空間を共有することになり、躊躇してしまうこともあります。

このような問題点に対応する方法として、家庭教師の利用が一つの選択肢としてあり得ます。

家庭教師は、講師が自宅に来て1対1で指導するスタイルですので、そもそも学習塾との往復の問題に対応できますし、不登校の問題に対しても、講師との相性が最も重要になってきますが、学習塾に比べれば、より個々の事情に適した指導を受けることが可能になります。

もし、家庭教師との相性が心配な場合には、講師を代えてもらうこともできますし、最近では、ネットで個別指導を受けることができる「オンライン家庭教師」のサービスを選択することもできます。

家庭教師を選ぶときに注目したいポイントは?

数ある家庭教師センターから、子供に合ったところを家庭の事情なども考慮しながら検討する時に、注目したいポイントはどのようなものがあるのでしょうか?

やはり第1に注目したいポイントは、「費用」です。

子供のことを優先するのであれば、費用は目をつぶってでも最大の成果=学力向上が図れるところを選ぶのがベストだと思いますが、しかし一方で家庭の事情もあって、どうしても費用は抑えつつ、できるだけ子供の学力が向上するように、と考えざるを得ません。

次に注目したいポイントは、「成果」です。

目的は子供の学力向上にあるわけですから、やはりこのポイントを外すことはできません。

他に、子供との相性も含めた講師の質や、カリキュラム、本部の対応などが挙げられます。

これらの注目したいポイントについては、なかなか客観的な評価を知ることは難しいのですが、実際に各家庭教師センターを利用した方々の口コミ評価を見ることで、各家庭教師センターの広告だけでは理解することができない、利用者の生の声・評価を知ることができますので、家庭教師センターを選ぶときの参考になります。

 

クチコミ評価を基に家庭教師を選ぶ方法とは?

今回は、実際に家庭教師センターを利用した方々の口コミ評価が掲載されている「家庭教師比較ネット」の口コミ評価データを基に、21の家庭教師センターの評価の特徴を明らかにしてみました。

クチコミ評価を基に家庭教師の特徴を明らかにした方法とは?

クチコミ評価を基に家庭教師の特徴を明らかにした方法は、マーケティング分析で利用されているポジショニング分析で、この分析を実行することで、ポジショニングマップが作成できますので、そのマップを見れば、各家庭教師センターを利用した方々の各家庭教師センターに対する口コミ評価の特徴がわかります。

口コミ評価の評価項目は、成果・講師・本部対応・カリキュラム・料金の5つですので、料金もリーズナブルで成果=学力向上に結び付いているところはどこか?といった問いかけに対して、視覚的に直感的に、その問いかけに合ったところを選択することが可能になります。

ポジショニング分析によって得られた各家庭教師センターの口コミ評価の結果とは?

実際に、この21の家庭教師センターの5つの評価項目(成果・講師・本部対応・カリキュラム・料金)に対する口コミ評価ポイントを基に、ポジショニング分析を実施した結果得られたポジショニングマップを示します。

このポジショニングマップで、

横軸は、主に「学習成果や講師に対する評価」

縦軸は、主に「料金に対する評価」

を表しています。

今回、ポジショニング分析を行った方法は「因子分析」です。

この分析方法でポジショニングマップを作成した場合、マップの中心付近に位置しているのは、全体(21の家庭教師センター)の中で、平均的であることを示しています。

このマップでは、「ノーバス」、「アズネット」、「学生家庭教師会」が該当します。

また、縦軸の上方向に離れて位置する「e-Live」は料金に対する評価が非常に高かったことを示しています。

そして、横軸の右方向に離れて位置する「山梨県協会」は、成果や講師に対する評価が非常に高かったことを示しています。

一方、右上方向に離れて位置する「四谷進学会」は、料金や成果・講師に対する評価がバランスよく非常に高かったことを示しています。

 

ポジショニングマップから見ておすすめといえる家庭教師センターは?

このポジショニングマップから、一番のおすすめは「四谷進学会」ということになりますが、例えば、「e-Live」は家庭教師が自宅に来るのではなく、パソコンやスマホを通じてオンラインで学習するスタイルであることから、他のリアルな家庭教師センターに比べると低コストを実現しており、そのために、料金に対する評価が非常に高くなっていると考えられます。

子供の状況に合った家庭教師を選ぶおすすめの方法とは?

実際に各家庭教師センターを利用した方々の口コミ評価も参考にしながら、最終的には、個々の子供の状況に合った家庭教師を選ぶようにしたいものです。

そして、その方法としておすすめなのが、数ある家庭教師センターの中から子供の状況にあったところを幾つか提案してくれるサイトを利用することです。




このサイト上で、出てくる質問に対して、該当する項目を選んでいくだけで、簡単に子供の状況に合った家庭教師センターを幾つか提案してくれます。

子供の状況に合った家庭教師センターを紹介するサイトの特徴とは?

「かてきょナビ」では、簡単な質問に答えていくだけで、子供の状況に合った家庭教師センターを幾つか紹介してくれます。

質問の概要は、家庭教師を依頼する目的(受験対策・学力向上・苦手克服)、学校での成績、自宅での勉強時間、志望校のレベルなどで、全ての質問に答えると、子供のタイプが表示され、そのタイプに合った家庭教師センターを6つ紹介してくれます。

この6つの中から、4つまで無料で資料請求することができますので、後日、自宅に届いた4つの家庭教師センターの内容をゆっくりと確認して、子供に合ったところを検討することが可能です。

今現在(2019年10月現在)、「かてきょナビ」から資料請求した4つの中から、家庭教師センターに入会した場合は、学習支援金として2万円がプレゼントされますので、興味があれば、是非、資料請求してみては如何でしょうか?



コメント