子どもが不登校になったら勉強どうする?そんなときは家庭教師がおすすめ

コト

文部科学省が公表した平成28年度のデータによれば、小中学校で不登校になった子どもが、調査を開始した平成10年度以降で最も多い13.5人/1000人当たり(前年度は12.6人)となっています(小学生が4.8人/1000人当たり、中学生が30.1人/1000人当たり)

特に中学生の不登校生徒が多くなっていますが、およそ33人に1人の割合ですので、クラスに1人は不登校生徒がいる計算になります。

不登校というと特別な印象がありますが、直近の数字でクラスに1人は不登校生徒がいると聞けば、誰にでも起こりうることなのだということを考えざるを得ません。

 

これだけ不登校の生徒が増えてきますと、勉強はどうしているんだろうかと心配になってきますが、もし、いじめ問題が根底にあれば、無理に学校へ通わすことはできるはずもなく、かといって、他校へ転校するという選択肢もありますが、誰でも取れる対策とは言えません。

子どもが不登校になってしまう主な原因とは?

いじめの他に、子どもが不登校になってしまう原因は様々で、1つだけではなく、複数の原因が絡み合っているケースもあります。

クラスや部活動、塾通いなど人間関係の複雑化

学校における勉強に加えて、部活動や塾通いなど、人との関わりが多くなってくるにつれて、人間関係は複雑化してきます。人間関係が複雑化してくると、人に対する気遣いをする場面が多くなり、子どもの性格によっては、気疲れしたり気後れして心理的な負担を感じたり、神経が過敏になってしまい精神的な問題にまで発展してしまうケースがでてきます。その結果、学校を休みがちになり、最終的には不登校になる恐れがあります。

勉強の難易度が上がり授業についていけない

小学校の頃は勉強ができていても、中学校になれば学ぶ教科も増え、さらに各教科の難易度も上がってきます。そして、高校受験を見据えて、授業が進むペースもどんどん前倒しに早くなっていき、受験対策まで対応するようになってきています。この状況の変化についていけず成績が悪くなってしまい、やる気も失い、落ちこぼれになり、徐々に学校を休みがちになり、最終的には不登校になるケースがでてきます。

思ったように成果がでないことによるあせりから無気力になってしまう

授業や定期テスト、校内活動、更には部活動などで、どうしても優劣をつけられてしまうことが多くなる状況の中で、子どもが思うように成果を出すことが出来なくなると、徐々にあせりが生じて、学校生活そのものに対する前向きな気持ちが失せてしまい、結果として無気力な状態に陥ってしまうことによって、不登校に繋がるというケースがでてきます。

様々な環境変化に伴う将来への不安がでてくる

それまで同じ環境で過ごしてきた小学校や中学校を卒業する段階が近づくにつれて、今後予想される環境変化に対して漠然とした不安を感じてしまい、受験を意識する時期あたりから学校を休みがちになり、結果として不登校になってしまうという場合があります。

受験に対して過大なプレッシャーを感じてしまう

中学受験や高校受験を目前に控え、合格に対するプレッシャーを強く感じ続けたり、受験勉強そのものへの過大なストレスから、学校を休みがちになってしまい、不登校へ至るというケースもでてきます。

 

これらの原因に対して、無理に学校へ行かせたりすることは逆効果ですし、かといって、自宅でどのように過ごすようにすれば良いのか悩みは尽きません。

このような状況になってしまったとき、一つの対策として、不登校生向けの家庭教師を利用することが挙げられます。

不登校の子どもに家庭教師がおすすめの理由とは

不登校になってしまった子どもに対して勉強の機会を提供する手段として、学習塾の利用ももちろん考えられるのですが、塾には大勢の児童・生徒がおりますし、不登校の子ども自らが通っている学校の同級生と出会ってしまうこともありえます。そして、同級生と出会うことで塾嫌いになってしまうことも十分に考えられます。

 

そして、家庭教師の中には不登校生向けのコースを設けているところもあり、子どもの性格や特徴を把握したうえで、相性の合う家庭教師を紹介してくれます。それでも相性が今一つという場合には、直ぐに交代するように対応しています。

 

さらに、マンツーマンで子どもと保護者に寄り添いながら学習面はもとより生活面のフォローもしながら、一人ひとりに合った最適なプランを共に考えてくれます。そして、コミュニケーションをしっかりとって、メンタルサポートもしますので、子どもの気持ちが楽になり、心理的、精神的ストレスも緩和される効果が期待できます。

 

不登校の子どもにあった家庭教師を選ぶ方法は?

不登校サポートをしている家庭教師を選ぶと言っても、どこからどのように、子どもに合いそうなところを選べばよいのか悩んでしまいます。

そんな時、代表的な家庭教師を網羅した家庭教師比較サイト「かてきょナビ」ならwebからの簡単な診断で、子どもに合いそうな家庭教師センターを6つ紹介し、その中から、最大4つの家庭教師センターの資料を無料で請求できます。

4つの家庭教師センターの資料をじっくりと見比べた上で、無料の体験授業も実施しているところがありますので、実際に利用してみて、比較検討してみては如何でしょうか?



また、子どもの不登校の状況から、他人とのコンタクトはできるだけ避けたいという希望があるかもしれません。

そんな時は、インターネットを介して東大・早稲田大・慶応など難関大学出身・在籍の優秀な家庭教師の授業を受けられるサービスがあります。こちらも無料で体験授業を受けることができます。まずは気軽に相談してみることをおすすめします。



小中高生の子供に合った家庭教師を見つけるおすすめの方法とは?
子供の学力向上のために学習塾の利用が一般的ですが、自宅と塾の行き帰りの安全確保に対する不安や、不登校の場合における授業代替目的などを考えると、家庭教師の利用が選択肢としてあり得ます。今回は、子供の状況に合った家庭教師を見つけるおすすめの方法について紹介します。

コメント